クックパットで死者!原因はボツリヌス菌?蜂蜜と乳児ボツリヌス症について

byouki_akachan_denwa

今や主婦の友ともいえるクックパット。

私も手軽に料理をしたいときは重宝していますが、そのクックパットのメニューを食べたことにより死者が発生したというニュースが飛び込んできました。

今回亡くなったのは何と生後6か月の男の子。

その理由と原因についてご紹介していこうと思います。

問題となったメニューと事故の経緯

今回問題となったのは蜂蜜を使った離乳食。

少しでも栄養をあるものをと考えられたレシピの様ですが、この蜂蜜をつかった離乳食により小さな命が失われてしまいました。

死因は「乳児ボツリヌス症」

そして原因は病名のとおり「ボツリヌス菌」。

一度は耳にしたことのあるボツリヌス菌とはいったい何なのでしょうか。

蜂蜜に潜む恐るべきボツリヌス菌とは

ボツリヌス菌とは本来は土壌中に存在する菌ですが、自然界に存在する毒素で最も強力と言われているほど恐ろしい菌です。

その威力はなんと約500gで世界の人口の致死量に相当するという想像も絶する菌です。

これはハムやソーセージなどに普段から存在する常在菌ですが、実は成人では誤って食べてしまっても上部消化管で不活化され、発症することはありません。

簡単にいうとよほど特殊な接触をしない限り問題はありません。

しかし、内臓の出来上がってない乳児の場合は話が違ってくるようです。

乳児ボツリヌス症

今回、死因となったのは「”乳児”ボツリヌス症」。

先ほど説明したとおり、成人の場合は上部消化管、つまり胃などでで不活性化されるはずですが、消化器官が未熟な乳児の場合は上部消化管で不活性かされずに腸管まで届いてしまうようです。

そして腸管まで届いてしまったボツリヌス菌の芽胞は乳児の体内で発芽し毒素を発生させます。

その結果、四肢の麻痺や呼吸不全など様々な症状を引き起こし、最悪の場合、死に至ってしまうようです。

乳幼児には蜂蜜は厳禁

ご存知の方は当然と思うかもしれませんが「乳幼児には蜂蜜は厳禁」です。

ボツリヌス菌は熱に弱く加熱すれば大丈夫だと思われていますが、熱に弱いのは「ボツリヌス菌」であり「ボツリヌス菌の芽胞」は熱にも非常に耐性をもっています。

その為、一般的な調理方法ではボツリヌス菌を除去することはできません。

「蜂蜜は自然成分で体に良い」と言われていますが、それはあくまで大人だけ。

1歳以下のお子さんがいる家庭では絶対に蜂蜜を与えないように注意してくださいね。

また、今回の騒動をうけてクックパットがどのような対応にでるかも目が放せませんね。

スポンサードリンク







byouki_akachan_denwa

この記事が気に入ったらシェアお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。