ユナイテッド航空機が乗車客を降ろした原因は「社員を乗せるため?」

n-PHOTO-large570

米ユナイテッド航空のおヘア国際空港でケンタッキー州ルイビス行きの旅客機から男性が暴行を受けて引きずり降ろされるという事件が発生しました。

しかも、この男性は警察まで呼ばれ顔に怪我を負いながら飛行機の外まで引きずられていったそうです。

一件、その乗客が「悪いことをしたため警察を呼ばれた」様におもわれますが、実はこの男性こそが本当の「被害者」だったようです。

4名のオーバーブッキング

今回の事件の事の発端は座席のダブルブッキング。

離陸時に既定の人数より4名多い状態となっていたため、航空会社は

「飛行機に人が搭乗した後、ユナイテッド航空のスタッフが『4人に席を譲ってもらう必要がある』」

と発表。

そこで4人の志願者を募りましたがだれも候補者は現れませんでした。

その結果、航空会社は降ろす人員を抽選することを決定。

しかも何故か全員がアジア人という偏った抽選を行ったようです。

オーバーブッキングした理由は「社員を運ぶため」

通常であればよほどの事がない限り4名ものオーバーブッキングすることはないとは思いますが、その理由が明かされました。

その理由とはなんと

「4月10日にルイビルで勤務があるユナイテッド航空の従業員を連れていくためだ」

なんと、まさかの自社の社員を他の勤務先へ連れていくためだそうです。

他の乗客とブッキングしたならともかく、こんな訳の分からない理由で飛行機を下ろされる乗客はたまったもんじゃないですね。

抵抗した男性は怪我を負い、警察まで呼ばれる始末。

今回の騒動で一人の男性が航空会社に抵抗したところ、なんと航空会社は警察を呼び強制的に飛行機から引きずりおろすという暴挙にでました。

しかも、男性は取り押さえられる際に顔面に傷を負い顔面から流血した状態で引きずられて飛行機から降ろされた模様。

理不尽極まりない理由で飛行機から降りることを命令されたうえ、拒否すると警察まで呼ばれるというとんでもない対応に注目が集まっています。

まとめ

今回の騒動をわかりやすくまとめてみました。

①ユナイテッド航空が、定員超過のため乗客に飛行機を降りるよう志願者を募る 。

②志願者は出てこなかったので強制的に抽選で4名が選出される

③なぜか全員がアジア人

④乗客の一人が必死の抵抗の結果、警察をよばれてケガを負った上に強制的に引きずりおろされる

⑤ブッキングした理由は「社員を別の空港に運ぶため」

アメリカのサービス業ってこんな感じが普通なんでしょうかね……?

スポンサードリンク







n-PHOTO-large570

この記事が気に入ったらシェアお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。