Amazonで悪質な詐欺が急増中。詐欺ショップの手口とは

amazon_logo_500500._V323939215_

最近は日常生活に必要不可欠となりつつあるAmazon。

そのAmazonは個人のショップが進出しつつありますが、そのシステムを使った悪質な詐欺が横行し始めているようです。

今回はそんな詐欺に引っかからないためにも、Amazonに出没する悪質な詐欺についてまとめてみました

Amazonを利用する際は是非とも参考にしてみてください。

詐欺ショップの共通点

この詐欺ショップには2つの共通点があります。

その2つの共通点というのは

「ランキング上位の商品が非常に安い」
「Amazonの発送ではない」

という点。

例えば今人気のNintendo Switchが1万円程度で売られていたり、PlayStation4が数千円で売られていたりします。

誰もが「おかしいな」と感じる価格ですが

「もしかしたら出品者が間違って販売して安く買えるかも」という考えて購入してしまう場合があるようです。

その場合は個人情報だけ抜き取られ音信不通になったりするのですが、中にはお金が返ってこないパターンもあります。

実際の詐欺の手口

Amazonのマーケットプレイス補償に返金制度がありますが、これには手続きする必要があります。

ただ、詐欺ショップはその手続きを行わせない手法を考え付いたようです。

それはどういうことかというと、例えば格安の詐欺商品を購入した後、詐欺ショップ側が在庫不足のためキャンセルを行います。

本来はここで返金がおこなわれるのですが、その詐欺ショップがAmazonの振りをして「キャンセルされたため返金されます」というメールを送ってくるのです。

このメールが本家からきたメールだと勘違いした消費者は
「返金されるならいいか」
と放置。

ただ実際のところはキャンセル手続きが行われていませんので、気が付いた時にはマーケットプレイス補償申請期間が過ぎ去ってしまい、商品どころか購入費用すら返金してもらえなくなってしまいます。

他にも国内にある本当の住所や氏名を騙って、見知らぬ第三者に罪を擦り付ける悪質なショップもあるようです。

上手い話にはかならず裏がある。

最大手のAmazonと言えど、商品を販売している中身はAmazonとは限りません。

もし、詐欺サイトかどうか見分ける自身が無い場合は「Amazonから発送」される商品だけを選ぶようにしましょう。

このポイントさえ守ることが出来れば詐欺にあう確率はほとんどありません。

そして何よりうまい話には必ず裏があります。

人気商品が90%OFFとかになっていたりする場合は確実に偽物か詐欺です。

Amazonも今、必死になって詐欺対策を行っているようですがイタチごっこで中々おいついていない様子です。

怪しいものには手を付けず、自分の身はしっかりと自分で守る術を身に付けましょう。

スポンサードリンク







amazon_logo_500500._V323939215_

この記事が気に入ったらシェアお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。