【クレヨンしんちゃん】 クレヨンの意味には衝撃すぎる都市伝説が!

クレヨンの意味には衝撃すぎる都市伝説が!

1992年からアニメ化された「クレヨンしんちゃん」

絶大な人気を誇るアニメですが、
皆さんクレヨンしんちゃんの「クレヨン」の意味って知ってますか?

漫画やアニメの中で「クレヨン」との関する話は特にありませんよね!
一体「クレヨン」は何を意味しているのか?

実はクレヨンしんちゃんの「クレヨン」という
部分には衝撃すぎる都市伝説があるんです!

今回はその都市伝説についてまとめてみました!

クレヨンしんちゃん クレヨンの意味は?

 
下記の都市伝説はクレヨンしんちゃんの作者「臼井 儀人」先生が
執筆前に初期のプロットに書かれていたという噂があります。

◆ ”しんのすけ”は5歳でなくなっている!?

”しんのすけ”は5歳で亡くなっているという都市伝説があります。

死因は “ひまわり” が 車に轢かれそうになったのを
”しんのすけ” が かばい車にひかれるというものです。

2015y08m25d_095749335-300x178

当然”しんのすけ”を失った”みさえ”は悲しみにくれます。

5歳の子供を交通事故でなくすという結構残酷な設定なんですが、
実は母親の”みさえ”が悲しみに暮れるという部分に「クレヨン」
の意味が隠されています。

スポンサードリンク

◆ ”みさえ”が精神病に!?

しんのすけを亡くしたという悲しみにくれていた”みさえ”は
精神病にかかってしまうそうです。

最愛の息子が亡くなっているので当然ですね。

精神病にかかってしまった”みさえ”はしんのすけが生きていたころに
使っていたクレヨンで「もし、”しんのすけ”が生きていたら・・・」と妄想し
日記をつけ始めます。

omocha_kureyon-300x263

もうお分かりですよね。

クレヨンしんちゃんとは”みさえ”が『クレヨンで書いた”しんちゃん”』
で「クレヨンしんちゃん」なんです!

ゾっとしますよね!
僕はこの都市伝説を見たときには鳥肌が立ちました(笑)

これまでの「クレヨンしんちゃん」に登場していた”しんのすけ”はすべて
”みさえ”の妄想と言うことです。

なんでも周り人達は”みさえ”の事を可哀想に思い”みさえ”の
妄想に合わせて見えるふりをしているそうです。

◆ ”ひろし”は女性だった!?

しんのすけの父親”野原ひろし”は元々は女性だったそうです。

そんな訳ないだろ!(笑)

しかし、初期の設定(裏設定)では
名前は『広子』と女性で”みさえ”の親友だったそうです。
”みさえ”が”しんのすけ”を亡くし悲しんでいるのを
見かねて性転換し男性となり”みさえ”を助ける(支えてやる)
ために夫になったそうです。

ということは”ひろし”は”しんのすけ”の
実の父親ではないってことになりますね。

”しんのすけ”の本当の父親はだれなんですかね?

まとめ

皆さんいかがだったでしょうか?

”みさえ” が ”しんのすけ” の 遺物のクレヨンで書いたしんちゃん
これで「クレヨンしんちゃん」という都市伝説!

さらにヒロシが女性だったという設定!

「臼井 儀人」先生の初期のプロットに書かれていた
という噂がありますが、定かではありません。

”あなた”は信じますか?

最後まで記事を読んで頂きありがとうございました。

スポンサードリンク