平川貴之容疑者の経歴は?株式会社「ISTE」の事業目的は?

img_0582

インターネット上に蔓延る性犯罪から子供を守る活動をしていたベンチャー企業の社長・平川貴之容疑者が、Twitterで知り合った15歳の少女を売春した疑いで逮捕されました。

平川貴之容疑者の経歴は?

株式会社「ISTE」とは?

スポンサードリンク

平川貴之容疑者の経歴は?

埼玉県立伊奈学園総合高等学校を2000年に卒業した後に埼玉大学に入学。

2004年から2006年の間に、埼玉県にて小学校教諭として4年生、1年生の学級担任を歴任。

その後、教育現場のIT化に関心をもち、IT業界へ転職。

2006年から2013年まで、システムエンジニアとして、企業の情報システムを開発。

そして仕事の傍ら、個人で成績管理ソフト等を開発・販売。

2013年から2016年の間では、株式会社アセンディアにて、東京都より委託された以下講演業務を実施。

都立学校の教員に対するICT機器活用研修講師
都立学校の生徒に対する情報モラル講座講師
ネット等の性被害根絶啓発講演会講師

その後、2016年6月3日に株式会社ISTEを設立し、その数か月後に前述の事件を引き起こします。

株式会社「ISTE」とは?

設立日は6月3日で、登記完了は6月13日です。

従業員は平川貴之容疑者1人だけの、1人社長の事業だった模様です。

事業の目的として以下のような事を掲げていました。

1 児童・生徒・学生を対象とした、情報モラル教育講座の実施
2 保護者や教職員を対象とした、情報化社会のリスク対策に関する講座の実施
3 子供を守るための、インターネット上の書き込み監視の実施
4 教育現場の情報セキュリティに関わる情報システム開発

子供や教育現場に近い立場である講師を通じて、情報モラル・情報セキュリティのノウハウを提供しながら、真の「情報教育」、「教育現場の情報化」の在り方を、現場に携わる人間と共に考えていく為に会社を設立したと供述しています。

逮捕される直前まである私立学校の技術科の非常勤講師もしていた模様です。

平川容疑者が起こした事件の詳細

2016年の9月4日に東京の練馬区のホテルで、中学3年生の女子生徒(15歳)に金銭を支払う事を約束して、わいせつな行為をした疑いで逮捕されました。

2人はTwitterのやり取りで、前日である9月3日に知り合ったとみられ、平川容疑者は行為の代償として4万円を支払う約束をしていたが、その後金銭を支払わずに逃亡。

女子生徒が110番通報したために、事件が発覚しました。

まとめ

「子どもをネット利用のトラブルから守る」と性被害の防止などの講演をする人間が、性犯罪を犯していた。

嘘のような話ですが、事実です。

2016年10月6日現在、まだ調査の段階で不明な点が多いですが、平川貴之容疑者は今後どうなっていくのでしょうか?

事件の動向にも注目していきたいと思います。

スポンサードリンク









img_0582

この記事が気に入ったらシェアお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。