小林賢太郎(ラーメンズ)がイケメン過ぎる!

default_be095a2abf882fef0c312c1a89b85739

皆さんは小林賢太郎さんをご存知でしょうか?

芸人であり、コメディアンであり、俳優であり、劇作家であり、パフォーミングアーティストであり、演出家であり、漫画家であり、アニメ監督でもある小林賢太郎さん。

コントユニット・ラーメンズとして相方の片桐仁さんと活動している事でも有名です。

イケメンだと言われている小林賢太郎さんですが、魅力的なのはそのルックスだけではありません

今回はそんな小林賢太郎さんのイケメンな要素をまとめてみました!

小林賢太郎プロフィール

小林賢太郎

劇作家/パフォーミング・アーティスト
1973年4月17日生まれ
神奈川県出身 多摩美術大学卒

主な活動
コントグループ『RAHMENS』
演劇作品プロジェクト『 K.K.P. 』
ソロパフォーマンス『Potsunen』
NHK-BS『小林賢太郎テレビ』

コントグループ・「ラーメンズ」としては相方の片桐仁さんと共に舞台に立ち、「K.K.P」(小林 賢太郎 プロデュース)としては演劇作品をプロデュース、「Potsunen」では小林賢太郎1人で舞台に立ち、「小林賢太郎テレビ」ではテレビと言う媒体でしか出来ない表現出来ない可能性を追求し続けています。

マジックが上手い

マジックを上手に出来る男性はモテると言われていますが、ご他聞に漏れず、小林賢太郎さんの特技はマジックです。

マジシャンとして歌舞伎町のマジックバーで働いていた事もあるらしく、その腕前は確かなものです。

ラーメンズやポツネンのコントの中に、マジックの要素を取り入れた作品も多々見受けられます。

物真似が上手い

コントの中で度々歌を歌う場面がありますが、小林賢太郎さんは歌が上手です。

歌が上手いと言うよりは、歌が上手い人の声真似が上手いと言った方がしっくり来るかもしれません。

歌に限らず、声真似いわゆる声帯模写が小林賢太郎さんは上手です。

声帯模写に限らず、形態模写いわゆるパントマイムも小林賢太郎さんは上手です。

小林賢太郎さんが演じる舞台は、小道具は比較的に少なくて、パントマイムで小道具を表現してしまいます。

そのパントマイムは本当に、小林賢太郎さんが目に見えない道具を持っているように錯覚してしまう程に精巧なものです。

イラストが上手い

多摩美術大学を卒業しただけあって小林賢太郎さんはイラストも上手です。

コントの中ではもちろん、「鼻兎」と言う漫画作品や、「うるうの森」と言う絵本の出版もしていますので、紙面でも小林賢太郎さんのイラストを見る事は出来ます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

個人的な感想ですが小林賢太郎さんがイケメンと言われるのは、顔が整っていると言う事だけではないように思います。

そのマルチな才能の全てを評価した結論が「小林賢太郎さんはイケメン」であるように思います。

最後に、小林賢太郎さんは182cmある高身長です。

ここまで来ると逆に胡散臭く感じてしまうぐらい(笑)ですが、今回まとめてみた小林健太郎さんがイケメンである要素は全て、小林さんの作品で確かめる事が可能です。

まだ観た事がない方は一度作品を観て、小林賢太郎さんの魅力を体感してみる事をオススメします!

スポンサードリンク









default_be095a2abf882fef0c312c1a89b85739

この記事が気に入ったらシェアお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。