肝付兼太の先祖って?スネオ役の声優!

large-5030ce9c81e6f

国民的テレビアニメ「ドラえもん」のスネオ役の初代声優の肝付兼太さんが2016年10月20日、死去したとの報道が入ってきました。

死因は肺炎で、享年は80歳でした。

他にも赤塚不二夫原作のテレビアニメ「おそ松くん」の人気キャラクター・イヤミ役など、ベテラン声優の訃報に悲しみが広がっています。

そんな肝付兼太さんには、先祖にまつわるある事実がありました。

今回は肝付兼太さんの経歴や先祖にまつわるお話をまとめてみました。

スポンサードリンク

肝付兼太のプロフィール

本名:肝付 兼正(きもつき かねまさ)
出身:鹿児島県鹿児島市喜入町
生年月日:1935年11月15日
血液型:AB型
身長:171 cm
職業:声優、俳優
事務所:劇団21世紀FOX

俳優として

肝付兼太さんは声優として広く知られていますが、自身で劇団を設立するなど、俳優としても活動していました。

肝付兼太さんが設立した劇団21世紀FOXは、その当時に講師をしていた養成所の若者を集めて旗揚げされたものです。

メンバーには、テレビアニメ「らんま1/2」の早乙女乱馬役や、「名探偵コナン」の工藤新一役で有名な声優の山口勝平さんも在籍していたとの事です。

山口勝平さんの芸名は、師匠である肝付兼太さんが名付け親だというエピソードもあります。

肝付兼太の先祖って?

肝付兼太さんは日本の氏族の一つであり、大隅の戦国大名でもあった肝付氏の末裔でした。

戦国時代に名を馳せた肝付氏16代当主の肝付兼続は、肝付兼太さんの先祖と言う事でした。

この事実に関して、アクション系歴史ファンタジー漫画「ドリフターズ」の作者である平野耕太さんがtwitterで以下のように呟いています。

鹿児島出身の声優さんを調べてたんだが、前のドラえもんのスネ役の肝付兼太さんが肝付家の末裔って書いてあって、スネちゃま像が「成金のおぼっちゃん」から「子々孫々と続いた名家の御曹司」に変わった

肝付兼太の主な出演作品

・オバケのQ太郎:西郷強(ゴジラ)役
・怪物くん(TBS版):番野 役
・あしたのジョー:ヒョロ松 役
・アルプスの少女ハイジ;セバスチャン 役
・元祖天才バカボン;本官さん 役
・ドカベン:殿馬一人 役

日本のアニメ黎明期の重要作品にも多数出演していた肝付兼太さんは、他にも洋画の吹き替えや、CM、ラジオ、舞台など幅広く活躍していました。

まとめ

日本のアニメ文化を作り上げてきたベテラン声優の訃報に驚きを隠せません。

肝付兼太さんのご冥福を心からお祈りいたします。

スポンサードリンク







large-5030ce9c81e6f

この記事が気に入ったらシェアお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。