黒田卓也のwiki風プロフィール!

kuroda01

黒田卓也さんをご存知でしょうか?

ニューヨーク在住の日本人ジャズ・ミュージシャンで、日本人として初めてUSブルーノート・レーベルよりワールドデビューをした新進気鋭のジャズ・トランペッターです。

在住しているニューヨークでの活動のみならず、日本ではMISIA、JUJU、ceroと共演、共作などでも話題を集めている黒田卓也。

今回はそんな黒田卓也さんの事をwiki風にまとめてみました!

スポンサードリンク

黒田卓也の経歴

1980年に兵庫県で生まれた黒田卓也は12歳の時にトランペットと出会います。

中学、高校、大学の間ビッグ・バンドに所属してその腕を磨きつつ、16歳から神戸や大阪のジャズクラブで演奏活動をしていたそうです。

2003年にアメリカはニューヨークのニュースクール大学ジャズ課に進学した黒田卓也は、大学に在学中からSmalls、Blue Note New York、Knitting Factoryなどの有名クラブへの出演を果たしています。

ニュースクール大学を卒業した後も、拠点はニューヨーク・ブルックリンですが、国内外問わず、ジャンルも問わず、黒田卓也は活動を続けます。

2010年に初のリーダー作である「Bitter & High」を発表。

2011年に発表した2ndアルバム「Edge」は全米ラジオチャート3位にランクインされた上に、アメリカ最大局・National Public Radio で「ディジー・ガレスピーを彷彿」と大絶賛される作品となった。

勢いはそのままに、2013年には3rdアルバム「Six Aces」を発表します。

その後は2014年には前述の通り、日本人としては初のUSブルーノート・レーベルより、ホセ・ジェイムズのプロデュースでアルバム「ライジング・サン」でワールドデビューを果たします。

2016年には「楽器ひとつで日本を飛び出し、ジャズの本場、ニューヨークで活躍する5人のアーティスト」で結成された「J Squad」のメンバーとして、テレビ朝日のニュース番組「報道ステーション」のテーマ曲を手掛けた事で更に注目を集めています。

同年9月にはConcord Recordsに移籍し、黒田本人のセルフ・プロデュースによる「ジグザガー」発表します。

ディスコグラフィ

2010/12/21 「Bitter and High」    CD Baby

2011/11/7  「Edge」          CD Baby

2013/6/19  「Six Aces」        Pヴァイン・レコード

2014/2/18  「Rising Son」       Blue Note Records

2016/9/2   「ZIGZAGGER」       Concord Records

2016年11月16日にJ SquadがCDデビューします。

メンバー全員が持ち寄った曲から厳選されてレコーディングされたとの事です。

まとめ

ジャズというジャンルに囚われずに、様々なミュージシャンとコラボレーションして着実にキャリアを重ねている黒田卓也。

そんな黒田卓也の今後の活躍にますます目が離せません!

スポンサードリンク

kuroda01

この記事が気に入ったらシェアお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。