イルカの夫の病気は難病?神部和夫のパーキンソン病とは?

a-1428

フォークグループ「かぐや姫」のメンバー伊勢正三の作詞・作曲による楽曲「なごり雪」のカバーの大ヒットで知られる歌手のイルカさん。

そんなイルカさんの夫・神部和夫さんはある病気を患っていました。

それは難病と言われる「パーキンソン病」で、2007年3月21日に急性腎不全により59歳という若さで他界します。

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズの主人公マーティ・マクフライを演じたマイケル・J・フォックスさんもパーキンソン病を患い、今もなお病気と戦い続けています。

パーキンソン病は何故、難病と言われるのか?

どのような病気なのか?と言う事をまとめてみました。

スポンサードリンク

イルカの夫・神部和夫とは?

神部和夫さんは1969年にフォークソング・グループ・「シュリークス」を結成します。

メンバーの中には後に「イルカ」となる保坂としえさんもいて、「さらば」などのヒット曲も生み出しますが、メンバーの脱退などにより、最終的には神部和夫と保坂としえの男女2人組となります。

その後、メンバーの2人は結婚し、「保坂としえ」は「神部としえ」となり、その後「イルカ」としてデビューします。

神部和夫さんはイルカさんのデビューに伴い、マネージャー業や音楽プロデューサー業に専念する事になり、イルカさんを支えていきました。

2007年に他界するまで20年間に渡り、パーキンソン病と戦い続けていました。

パーキンソン病とは?

脳の幹にあたる黒質という部分の神経細胞が次第に減少し、運動の仕組みを調節するような働きを担っている「ドパミン」が減ることにより、動きが遅くなったり、体の緊張が高くなったりする病気です。

主な症状として

手足がふるえる「振戦」
動きが遅くなる「無動」
筋肉が硬くなる「固縮」
体のバランスが悪くなる「姿勢反射障害」

が、あります。

日本では難病に指定されていて、原因は現在も不明と言われています。

パーキンソン病の進行の速度は発症者によってそれぞれと言われていますが、悪化すると自分ひとりでは日常生活を送れなくなってしまいます。

寝たきり状態になったり、神部和夫さんのように臓器不全となってしまいます。

パーキンソン病の有名人

前述のマイケル・J・フォックスさん以外にもパーキンソン病を患っていた有名人は世界中で数多く存在します。

・アドルフ・ヒトラー
・毛沢東
・モハメド・アリ
・ロビン・ウィリアムズ

日本では

・江戸川乱歩
・岡本太郎
・永六輔
・高島忠夫

など、パーキンソン病を患っていたと言われています。

まとめ

2016年11月現在、パーキンソン病を根本的に治す治療法は確立されていないのが現状です。

原因が不明で、治療法がないと言われると、どうしようもないように感じますが、薬物療法、遺伝子療法、手術療法などで進行を遅らせる事は可能との事です。

医学の発展により原因の究明と治療法が確立されることを祈っています。

そして神部和夫さんのご冥福を心からお祈りいたします。

スポンサードリンク







a-1428

この記事が気に入ったらシェアお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。