大原櫻子はあざといのか?

35672_original

日本テレビ系のトーク番組「おしゃれイズム」に女優で歌手の大原櫻子さんが出演することが話題となっています。

2016年現在でも女優としては月9ドラマに出演し、歌手としては単独ライブで全国を周るなどマルチな活躍が目覚ましい大原櫻子さん。

そんな大人気な彼女ですが、インターネット上では「あざとい」という表現をされています。

何故、大原櫻子さんがあざといと言われているのか?

あざといと言われる理由を含めて、大原櫻子さんについてまとめてみました!

スポンサードリンク

大原櫻子のプロフィール

生年月日:1996年1月10日
出身地:東京
身長:158cm
血液型:A型
特技:ダンス・ピアノ・バレエ・水泳・ものまね

大原櫻子の経歴

2013年、17歳の時に映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」のヒロイン役に5000人の中から選出され、同映画での演技が第23回日本映画批評家大賞の新人女優賞を受賞し、大原櫻子さんはブレイクします。

「カノジョは嘘を愛しすぎてる」のヒロイン理子役を演じるには役柄上、歌唱力を求められるものでしたが、大原櫻子さんはその抜群の歌唱力を評価されオーディションに合格します。

そんな大原櫻子さんですので女優としても、歌手としても大活躍しています。

女優業では2度の月9ドラマ出演を果たし、舞台にも挑戦し、2017年には舞台の主演も決まっています。

歌手としては第56回日本レコード大賞の新人賞を受賞し、2015年にはNHK紅白歌合戦にも出場、アルバム「HAPPY」は第8回CDショップ大賞で入賞を果たし、単独での全国コンサートツアーも行うなど、17歳からまるでマンガのようなシンデレラストーリーを描いています。

大原櫻子はあざとい?

大原櫻子さんは数々の天然エピソードを披露していますが、その内容が「あざとい」とエピソードを聞いた人に思われているようです。

本当に天然なのか、天然キャラを演じているのか真意の程は判断出来ませんが、大原櫻子さんが披露しているエピソードは以下のようなものです。

・「タツノオトシゴ」を「タツのお年頃」と勘違いしていた
・旅行用の「トランク」を「トランクス」と間違えていた
・「カメレオンって昆虫じゃないんですか?」と発言する

このようなエピソードに対し、インターネット上では「そんな間違いは普通しない」、「はいはい、可愛いですね」と言った冷ややかな意見が多数見受けられました。

まとめ

女優の天然キャラといえば綾瀬はるかさんなども有名ですが、天然キャラとして世間に浸透している人でさえもインターネット上では「わざとらしい」、「計算」だと言われています。

天然キャラは男性受けが良く、女性受けが悪いと言われていますが、両方に好かれるのはやはり難しいものなのかもしれませんね。

作ったキャラクターなのか、天然なのかは判断できませんが、大原櫻子さんにはこれからも活躍していって貰いたいですね。

スポンサードリンク

35672_original

この記事が気に入ったらシェアお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。