成田童夢のバッシングの原因は発達障害?オタクでポケモン制覇?

qvqnctljspysilqxu19tkuxq03lcyjlkidu1wtzwrv77hcchzxdtu870k8ifukkc

スノーボード・ハーフパイプ元日本代表選手の成田童夢さんがテレビ朝日の人気番組「しくじり先生 俺みたいになるな!!」に出演する事で話題となっています。

2002年、2003年とにカナダで開催されたスノーボード・ワールドカップウィスラー大会では優勝し、トリノオリンピックの日本代表選手となった成田童夢さん。

成田童夢さんに関してインターネットで検索すると「バッシング」という言葉がチラつきます。

成田童夢さんへのバッシングとは?発達障害と噂の真相は?オタクでポケモンマスターとは一体?

そんな成田童夢さんについてまとめてみました!

スポンサードリンク

成田童夢さんの経歴

幼少期から父親の成田隆史さんの指導の下に様々なスポーツをしていた成田童夢さんは、大阪市立加賀屋中学校を卒業後は高校に進学せずにスノーボードに専念します。

2006年に開催されたトリノオリンピックで日本代表として出場しますが、思うような成績は出せずに一時メディアから姿を消します

その後、2011年にプロスノーボーダーを引退し、タレントへと転身します。

タレントとしては、自身の好きなアニメ、漫画、ゲーム、アイドル等の情報発信やMC、オタ芸師として活動しています。

妹は自身と同じく元スノーボード選手の今井メロさんで共にオリンピックに出場しています。

弟の成田緑夢(ぐりむ)さんものフリースタイルスキー(ハーフパイプ)選手です。

成田童夢さんは2015年9月に芸能プロダクションおよびイベント企画会社を設立し、同年10月、一般女性と結婚し、現在に至ります。

成田童夢さんはオタク?ポケモン制覇?

成田童夢さんはアニメ、漫画、ゲームが好きな事を公言している自他共々に認めるオタクです。

スマートフォン向けゲーム「Pokemon GO」では、日本国内で捕獲可能なポケモン全142種を制覇したとの事です。

オリンピック選手として日本の男性芸能人としてのポケモン制覇は初の快挙でした。

残りのポケモンは日本国内には出現しませんが、それを捕まえるために海外へと進出する事も視野に入れている様子です。

成田童夢のバッシングの原因は発達障害?

成田童夢さんには発達障害の噂があります。

オリンピックに出場する前に、奇抜なパフォーマンスや強気な言動から世間にはそのように捉われてしまった可能性は高いですが、発達障害であると公言している訳ではありません。

そのパフォーマンスと発言後のオリンピックで予選落ちという結果に終わってしまった為に、成田童夢さんはバッシングを受け続け、それによって人間不信に陥り、引きこもり生活をしていたとの事です。

2006年にメディアから姿を消していたのは、そのような理由があったからなんですね。

まとめ

出る杭は打たれると言いますが、自らの言動によって日本中から大バッシングを受けてしまった成田童夢さん。

それによる引きこもり生活を経て、現在はスノーボードの板にアニメのキャラクターの絵を施す通称「痛板」の協会であるJIBA(日本痛板協会)の名誉会長になったり、アニソンのDJとしてイベントを行うなど、人生を謳歌している印象を受けます。

そんな成田童夢さんの今後に、ますます目が離せません!

スポンサードリンク







qvqnctljspysilqxu19tkuxq03lcyjlkidu1wtzwrv77hcchzxdtu870k8ifukkc

この記事が気に入ったらシェアお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。