NON STYLE井上裕介の救護義務違反って何?当て逃げで過失運転致傷!

49922d0eb28c5a42daec7c92c20caf7f

吉本興業所属で2008年M-1グランプリ王者の人気お笑いコンビ「NON STYLE」の井上裕介さんが、2016年12月11日の夜に本人が運転する乗用車がタクシーと接触事故を起こした後に、現場から逃走するという当て逃げの疑いで警察から任意で事情を聴かれている事が判明しました。

道路交通法違反の中の救護義務違反とは一体何なのか?

事件の内容を含めてまとめてみました!

スポンサードリンク

「NON STYLE」の井上裕介さんのプロフィールと経歴

本名:井上裕介
生年月日:1980年3月1日
出身地:大阪府大阪市
血液型:A型
身長:163cm(公称165cm)

大阪市の東淀川高校在学中に 石田明と共にお笑いコンビ「NON STYLE」を結成します。

2000年にbaseよしもとのオーディションに合格して、吉本興業に所属となります。

2006年には第41回上方漫才大賞優秀新人賞、第4回MBS新世代漫才アワード優勝を果たし、2007年に開催された爆笑オンエアバトルチャンピオン大会に優勝し、第9代目チャンピオンになります。

2008年にはM-1グランプリ王者に輝き、その人気を不動のものとしました。

吉本ブサイクランキングでは3年連続の1位に輝き、史上5人目の殿堂入りを果たすものの、強烈なナルシストキャラで人気を博しています。

NON STYLE井上裕介さんが当て逃げ?

井上裕介さんが運転する乗用車が東京都世田谷区の路上でタクシーと接触し、タクシーの運転手は首や腰に全治2週間の怪我を負いました。

それだけならただの接触事故だったのですが、井上さんは現場から逃走してしまいます。

それにより、警察庁世田谷署が当て逃げとして、過失運転致傷や道路交通法違反(救護義務違反)の疑いで井上裕介さんから任意に事情を聴いているとの事です。

井上裕介さんは警察の調べに対して「事故を起こしたことが世間に知られたら大変になると思った」と述べている事から、当て逃げが事実である事を認めていると判断できます。

世田谷署は乗用車のナンバーから車両を特定し、捜査員が自宅にいた井上裕介さんに任意同行を求めたとの事です。

救護義務違反って何?

交通のルールの中には「救護義務」と呼ばれるものがあり、これは事故を起こしてしまった時に、被害者がケガをしていれば救護しなければならないというものです。

事故を起こした人間は直ちに車の運転を停止して、負傷者を救護し、道路における危険を防止するなどの措置をしなければならないのです。

そしてそれを警察に報告しなければならない「報告義務」というものも存在します。

事故を起こした運転者は、直ちに最寄の警察署などの警察官に事故を起こした場所と時間を報告しなければならないというものです。

これらの義務を怠り、現場から逃走してしまうと「救護義務違反」いわゆる「当て逃げ」、「ひき逃げ」となり違反の対象となってしまいます。

今回の井上裕介さんは正にこの義務を怠った救護義務違反となります。

まとめ

井上裕介さんはナルシストキャラとして人気があるのと同等にアンチも存在します。

今回の事件は井上裕介さんの今後の活動を左右するほどの大きな事件だといえます。

まだ判明していない事が多いですが、今後の展開にも注目していきたいと思います。

スポンサードリンク

49922d0eb28c5a42daec7c92c20caf7f

この記事が気に入ったらシェアお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。