峯田和伸の震災の発言とは?TOSHI-LOWと喧嘩とは?朝ドラのひよっこ出演!

maxresdefault

峯田和伸(ミネタカズノブ)さんをご存知でしょうか?

シンガーソングライターであり、俳優でもある峯田和伸さんは、かつて青春パンクバンド・GOING STEADY(ゴーイング・ステディ)のメンバーとして活動し、現在は銀杏BOYZ(ぎんなんボーイズ)として活動しています。

ミュージシャンとしだけではなく、俳優としての活動でも存在感を見せ、2017年4月3日から放送予定の、連続テレビ小説(通称朝ドラ「ひよっこ」への出演も決定しています。

そんな大活躍の峯田和伸さんですが、その存在感ゆえにインタビューでの発言が取り沙汰されてしまう事もあります。

今回は峯田和伸さんの「東日本大震災についての発言」についてや、「BRAHMAN(ブラフマン)TOSHI-LOW(トシロウ)さんとの喧嘩」について、まとめてみました!

スポンサードリンク

峯田和伸とは?

峯田和伸さんは1999年にGOING STEADY(ゴーイング・ステディ)のヴォーカル・ギターとしてCDデビューします。

GOING STEADYは、2000年代初頭のメロディック・ハードコア(通称メロコア)ブームの火付け役の一つのバンドでした。
singles
インディーズながら人気は高く、その後、メジャーデビューをして知名度は上がり、全国ツアーが始まる人気絶頂期の2003年に突如解散を発表します。

GOING STEADY解散後、峯田和伸さんはパンク・ロックバンド銀杏BOYZ(ぎんなんボーイズ)を結成。

メンバーの脱退を経て、現在のメンバーは峯田和伸さんのみとなっています。

俳優としても活動していて、みうらじゅんさんが原作で、田口トモロヲさんが監督をした映画作品「アイデン&ティティ」や、「色即ぜねれいしょん」に出演したり、花沢健吾原作の「ボーイズ・オン・ザ・ラン」では主演を務め、本作のために主題歌を書き下ろしました。
150881_01

峯田和伸の東日本大震災での発言とは?

事の始まりは音楽月刊誌「音楽と人」のインタビューの中で、峯田和伸さんがした東日本大震災に関する発言でした。

「音楽で人は救えない。それは音楽で人を殺せないのと同じこと。
 届けなくてもいいんだよ、届けなくても聴こうと思ったら聴くんだ。
 俺は地震が起こる前と同じことを、当たり前のようにやっていたくて。」
音楽と人 インタビューより

このインタビューが掲載されるやいなや賛否両論を呼ぶ事になります。

音楽で被災者を勇気付けようという行為自体を否定していると捉えられてしまったからかもしれません。

それにより峯田和伸さんはホームページ上で謝罪をします。

峯田和伸より
5月6日発売の「音楽と人」インタビュー記事についてです。
東日本大震災に触れた自分の発言のなかで、被害の大きかった地域の方々や救援活動を行っている方々を悲しませるようなものがあったと、今になり自覚しています。ごめんなさい、うまく言えないです。取材時にはその場の気持ちだけで話してはいても、それでも言葉が足りなかったと思うのです。
不甲斐なさがあります。震災があってから自分のなかに沸き上がった焦燥もずっと消えないままです。取材では言いたいこと言いました。言い終わってからまた新しい思いも生まれました。なので行こう!と思います。ライブしに行こうと思います!メンバーも皆行こう!と言いました。一回この目で見てきます。
ライブのこと、詳しく決まり次第また報告する!
銀杏BOYZ オフィシャルサイトより

BRAHMAN(ブラフマン)TOSHI-LOW(トシロウ)さんとの喧嘩とは?

GOING STEADYや銀杏BOYZと共に日本のメロコア・シーンを牽引してきたBRAHMAN(ブラフマン)と、そのフロントマンのTOSHI-LOW(トシロウ)さん。
ddd0753_s1

それまでライブ中は一切MCを行わなかったTOSHI-LOWさんですが、東日本大震災以降MCにて自身の思いを語るようになりました。

音楽の力で被災地への支援活動を積極的に行うTOSHI-LOWさんにとって、自身の活動を根本から否定するような峯田和伸さんの発言は気に食わなかったのかもしれません。

しかし、現在ではTwitterにて2人で写っている写真が投稿されたり、邦楽ロック・フェスティバル「RUSH BALL 2016」ではロックバンド・キュウソネコカミのヤマサキセイヤさんをTOSHI-LOWさんが、峯田和伸さんに紹介するなど良好な関係であるようです。

c7517d4f86959fc1ed0bd548c498930e_content

まとめ

騒動の元となったのは峯田和伸さんのインタビューでしたが、発言の内容も決して悪意があった訳ではなく、峯田和伸さんらしく正直に自分の心境を吐露していたように感じました。

TOSHI-LOWさん自身も峯田和伸さんの人間性を理解しているからこそ、仲違いをしたままにならなかったように思います。

朝ドラ「ひよっこ」への出演の決まるなど、ますます世間の注目を浴びている峯田和伸さんの活躍に、今後もますます目が離せません!

スポンサードリンク









maxresdefault

この記事が気に入ったらシェアお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。