矢野コーチとバレンティンが乱闘!原因は死球!二人仲良く退場処分へ

dakjfa

4月4日に京セラドーム大阪で行われた 阪神対ヤクルト戦で退場処分が出るほどの乱闘が発生しました!

しかも矢野コーチがジャンピングニー(飛び膝蹴り)を繰り出すというなかなか大事の乱闘になった模様です

乱闘になった原因は?

乱闘が勃発したのは五回表。

阪神の「藤浪晋太郎」投手がヤクルトの「畠山和洋」内野手に死球を与えたことが原因の模様。

ちなみに死球が命中した場所は畠山の頭部付近。

死球を受けた畠山選手が藤浪選手に文句を言いながら言い寄ったところ両軍の選手やコーチがグラウンドに参入。

その後、乱闘騒ぎとなった。

退場となった矢野コーチとバレンティン

今回の試合で退場となったのは阪神の矢野コーチとヤクルトのウラディミール・バレンティン外野手。

乱闘になった際にバレンティンが矢野コーチの腕を払いのけた際に、バランスを崩した矢野コーチが転倒。

それに怒りを覚えた矢野コーチが何とジャンピングニーで反撃するという暴挙に出た。

結果、警告試合となり矢野コーチとバレンティンには退場処分が言い渡される事となった。

スポンサードリンク







dakjfa

この記事が気に入ったらシェアお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。